イーベ!で出来る、7つの感染対策 | イベント開催

セミナー・イベント開催をサポートするイーべ!では、感染症防止対策となる機能に注視し、積極的にご案内しています。

来場者リスト の個人情報の管理や、密を避けるための機能によって、安心・安全なイベント開催にお役立てください。


( 現在、政府からイベント主催者へ、参加者からコロナ感染者が出た場合、他の参加者へ連絡・追跡するために、参加者の連絡先の把握をすることが推奨されています〈 2020年8月現在 〉 )


INDEX
〔 開催日前 〕
参加申込受付と支払を同時に
事前の入場数管理、整理券配布として
急な中止・開催変更などを参加者へ知らせたい

〔 当日・受付 〕
イベント当日の非接触受付
入場人数制限で密を避ける
デジタル領収書一斉送信
非接触アンケート収集

〔 事後の連絡 〕
もし感染があった場合の一斉連絡
到達率が高いSMSメール配信
 

■ イベント・セミナー開催前

【 申込受付 】
Webで参加申込を受付。催し当日、参加者の受付チケットとなるQRコードをメール配信します。
>> イーべ!受付フォーム サンプル


申込時に参加費などを クレジット決済 できるので、当日のお金の受け渡しなどが不要に(非接触)。
集計作業も削減できます。

【 事前の人数制限、整理券配布する 】
時間ごとの入場制限をする際、申込時に希望の時間を選択いただくことができます。行列ができるような人気の催しやセールの時、整理券配布としてイーべ!をご利用いただくこともあります。
>> 【サンプル】入場時間制限・整理券サンプルフォームを見る

【 急な中止・開催変更などを参加者へ知らせたい 】
社会的状況の変化により、イベント開催内容が変更になったり中止になる場合、速やかに参加者へお知らせする必要があります。イーべ!では、申込時に登録したメールアドレスへの一斉メール送信や個別のメール送信が可能です。
また、重要度の高い案内の場合は、電話番号への SMSメール配信 をすることもできます。

■ 当日、会場にて

【 非接触受付 】
イーべ!受付アプリ(無料)をスマートフォンやタブレットにインストールし、受付に設置。
参加者ご自身で入場用QRコードをかざしていただき、完全非接触で受付完了。

【入場人数制限】
会場に、リアルタイムで何人入場しているか把握。規定人数に達すると一旦入場受付を停止します。

【 オンラインで領収書一斉送信 】
会場で受付済となった方へ、pdfの領収書を一斉配信することができます。受付で紙のやり取りを行わず(非接触)、事務作業の軽減を計れます。
※ 事前に領収書を準備し、A4用紙に6枚など、面付けして印刷しやすい仕様で領収書を作成することもできます。

【 非接触アンケート 】
来場者のスマートフォンからアンケート入力していただくことができます。

■イベント後

【 参加者へ一斉連絡 】
万が一、参加者に感染者が出た場合は、その旨を参加者全員に報せる必要があり、イーべ!では、簡単に参加者に宛て、メール配信することができます。

【 到達率が高いSMSで送る 】
参加者への連絡は、基本的にはE-mailですが、イーべ!では、電話番号へ送るSMSメール配信をすることもでき、メールよりも到達率高く、参加者へ連絡することができます。

SMSは、文字数によって送信費用が変わりますので、下の料金見積から費用の目安をお確かめください。

※イーべ!では、配信料は別途費用となりますが、使用料はいただいておりません。


イーべ!導入についてZoomでお伺いします

セミナー・イベント管理イーべ!

カスタマーサポート 荒谷

イーべ!では、専門スタッフがご用向をお伺いし、イーべ!のご採用、導入までのステップをご案内しております。ご希望に合わせたカスタマイズも柔軟に対応いたします。 Zoomなどオンライン通話 にて無料でお伺いしていますので、ご都合のいい日時を 以下のリンク からお知らせください。

来場者管理「イーべ!」セミナー・イベント管理

>> 無料Zoom相談、ご希望日時はコチラ <<

\ 疑問・お問い合わせはお気軽に /

カスタマーサポーターが
 お伺いいたします

電話 092-525-7111

〈 平日 10:00〜17:00 〉

様々なシーンでのイーべ!デモ フォーム

ご利用事例

会場開催(オフラインイベント)での主な利点

  • 非接触で受付、QRコード受付
  • 来場者管理〈 人数制限 〉〈 人流抑制 の為の抽選機能 〉
  • 有料開催の場合、申込時にクレジット決済〈 Stripe決済連携 〉
  • 来場者をリスト化
  • 入退場時間の記録
  • アンケート実施
  • 万が一感染が発覚した場合の一斉連絡( E-mail・SMS )

オンライン開催での主な利点

  • 有料開催の場合のクレジット決済
  • 大人数に対し、ログイン情報などを送信
  • アンケート実施