イベント管理システム「イーベ!®」を運営する株式会社フラッグシステム、ISMS認証「ISO/IEC 27001:2022」を取得

セミナー・イベント管理イーベ!

イベント管理システム「イーベ!」を運営する株式会社フラッグシステム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:幡司恭平 以下、フラッグシステム)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2022」の認証を2023年12月25日付けで取得いたしました。

■ISMS認証取得の背景

フラッグシステムでは、セミナー・イベント管理システム「イーベ!®」の開発・運営を中心に、SaaS事業を展開しています。近年、企業の情報資産に対するセキュリティ意識が高まる中、より一層安心してサービスをご利用いただけるよう、今回、ISMS認証取得に至りました。

このたびISMS認証を取得したことで、フラッグシステムが「ISO/IEC 27001:2022」という国際規格に沿った情報セキュリティを確保するための仕組みを持ち、その仕組みを維持しながら継続的に改善していると第三者に認められたこととなります。

今後も情報セキュリティ管理体制のさらなる向上を図り、より一層安心してご利用いただけるサービスの提供を目指してまいります。

■主力サービス「イーベ!®」におけるセキュリティに関するこれまでの取り組み

セミナー・イベント管理イーベ!

フラッグシステムでは、このたびISMS認証を取得するに至りました。
これまでのセキュリティに関する取り組みとして、SaaS事業の主力サービスである「イーベ!®」のセキュリティ対策について、抜粋してご紹介します。

データセンター|信頼性・安全性の高い「AWS」

サービスを提供するデータセンターとして Amazon Web Services ( 以降、AWS ) を利用。AWSは、全世界で利用されているオンラインショップである Amazon がもつデータセンターの設計・構築・運用のノウハウが詰まったサービスで、非常に高い信頼性と安全性を有しています。

個人情報保護|データの暗号化

個人情報を取り扱う際には、データを暗号化。不正アクセスや情報漏洩のリスクが低減し、利用者のプライバシー保護に努めています。 

外部の脆弱性診断|セキュリティを強化

GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社の脆弱性診断を実施。専門家による診断結果やアドバイスを元に、最新のサイバー攻撃の手法に合わせてセキュリティを強化しています。

SSL暗号通信|すべての通信を暗号化

SSLとは、インターネット上でやり取りされる情報(個人名、住所、電話番号、クレジットカード番号等)を暗号化し、安全に送受信できるようにするための通信プロトコルです。通信内容の漏えい、データの改ざん、なりすまし等を防ぎます。

不正メール対策|DMARC(ディーマーク)を採用

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)とは、電子メールにおける「ドメイン認証」の一つで、メールを送受信する際、フィッシング攻撃や改ざん、なりすましなどの不正を防止するために開発されたセキュリティに関する技術です。送信元のIPアドレスの信頼性を判断する「SPF」と、メールの改ざんの有無を検証する「DKIM」の両者の認証結果を活用しています。

■ISMS認証とは?

ISMS認証とは、ISMSについて定める国際規格です。ISMSは「Information Security Management System」の略で、日本語では情報セキュリティマネジメントシステムとも言われる、情報を安全に管理する仕組みのことです。

第三者機関によって、ISMSにおける情報セキュリティに関する要件を満たしていると判断されると、ISMS認証を取得できます。

情報セキュリティに関する要件とは、「機密性」「完全性」「可用性」の3要素です。
・機密性:情報資産を利用してはいけない人が利用できない状態
・完全性:情報資産が改ざんや消去をされない状態
・可用性:情報資産を利用すべき人が速やかに利用できる状態
ISMS認証を取得するには、3要素すべてが確保されていなければなりません。

■認証概要

認証規格  :ISO/IEC 27001:2022
認証番号  :JP024309
初回認証日 :2023年12月25日
認証範囲  :SaaS事業に関するソフトウェアの開発、提供
審査機関  :ビューローベリタスジャパン株式会社

ご相談・お見積りなど専門スタッフがお伺いします

基本機能・事例・料金などを
資料ダウンロード

30日間すべての機能を
無料でお試しください

利用者さまの導入背景・効果など
詳細にご紹介

お電話でのお問い合わせは〈 TEL 092-525-7111 〉

目的・業界で探す

気になるキーワードを入力

セミナー・イベント管理イーベ!

料金プランの選び方や伴走サポートのご希望などお気軽にご相談ください

イーベ!専門スタッフがご要望をお伺いし、最適なご案内をいたします。ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

様々なシーンでのイーべ!デモ フォーム

イーベ!をご利用いただいた事例

GMOメイクショップ株式会社様
リマインダーメールでオンライン配信の参加率50%→75%|ネットショップ運営のセミナー配信やハイブリッド型イベントを定期開催。ハイブリッド開催の会場では、QRコード受付で受付担当の作業負担を大幅に削減。イーベ!を初めて使った担当者もスムーズに受付できました。> 詳細はコチラ
パシフィコ横浜様
担当者リモート管理でもスムーズな受付を実現|横浜グローバルMICEフォーラムの来場管理にイーベ!を採用。限られた時間でミスなく運用するため、来場者情報のCSVインポートに工夫を。入場モニター機能で「今どこに何人いる」が分かり、全体の様子を俯瞰して見ることができました。> 詳細はコチラ
自治体様
抽選機能で公平な抽選を|4,000人規模のキッズ向け親子参加ワークショップ。複数名が一度に申し込める点、開催概要を一斉送信できる点が魅力でした。当日はQRコード受付で改札並みの早さを実現。来場状況もリアルタイムで把握でき、感染症対策にも役立ちました。>詳細はコチラ
医系専門予備校メディカルラボ様
複数拠点チェックイン機能でブース訪問経路を把握|合同説明会形式の進学イベントでイーベ!を採用。直感的な操作画面が決め手でした。紙からデジタルに移行し、個人情報の取り扱いも安心の管理体制へ。当日の受付人員・手間も削減。経路の把握によって明確で具体的なアフターコールができ、有意義さを実感しています。>詳細はコチラ
株式会社エンファム. 様
自社システムから移行し受付操作がシンプルに|「リトル・ママ」主催ファミリーイベント。完全予約制の人気コンテンツも。当日スタッフはママが担当する中、スタッフも来場者もシンプルな操作でスムーズに受付。イベントを楽しむ・関わる側、誰もが主役になれる場を作りたいという想いを、ハード面でサポートしてくれます。>詳細はコチラ

企業、自治体、大学、代理店、商社、旅客業、不動産、社会福祉協議会、各種組合など
幅広い業種の皆さまにご利用いただいています

最新の導入事例

もっと事例を見る

導入のご検討は お電話 も 092-525-7111 平日10:00〜17:00 資料ダウンロードする / 無料 30日間無料で体験